FC2ブログ

プロフィール

matudapiano7sato

Author:matudapiano7sato
埼玉県さいたま市にあるピアノ教室です。
元ヤマハピアノ講師。夫の転勤により引っ越しを重ねましたが現在さいたま市見沼区でピアノを教えています。
一人一人の個性に向き合い最良のレッスンを日々模索中


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ




11月3日、発表会オータムコンサート終了しました。

当日まで、開催出来るか心配しておりましたが、
一人の欠席も出ず、無事終えることができました。

舞台袖での消毒に追われ、終日マスクで過ごした発表会となりました。
ご協力いただいた保護者の方々、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

密を避けるため、3部制にしたので、
9時にホール入りして、終わったのが午後7時半。
長いようでいて、あっという間でした。
久しぶりのホールでの生ピアノの音に感動している間に過ぎてしまった感じですね。

リモート、オンラインの便利さが、語られている今ですが、
やはり、人の魂を揺さぶる力を持っているのは、目の前で奏でられる音だと思います。
いい音、いい演奏を聴くことが
ピアノ学習者にとっては一番大事なことだと思うのです。
「ピアノって、こんなに素敵なんだよ」ということを
感じてもらえたら嬉しいですね。

スポンサーサイト





今年は、早々プログラムが出来上がりました。
3部制ということで、ページ数も多くなりました。
9時にホールに入り、多分終わってホールを出るのは夜8時くらいになりそう

まあ、朝から晩までということですね

でも無事に終えることができたら、感無量だと思います。

4月からの緊急事態宣言!
すぐにオンラインレッスンを取り入れましたが、
全員のかたというわけにはいかず、
まったく2か月の間レッスンをお休みされていた生徒さんもいました。

一緒に発表会を行う先生と相談して、
7月の発表会をキャンセル!

たまたま11月にホールがとれて…
でもホールの客席は、50パーセント以下に収容人数の制限がされている状態。

あと1か月に迫った今の時点では、収容人数は100パーセントに戻りましたが、
コロナが消えたわけではないので、
いつどんなことが起こるか安心はできませんね。

発表会に向けて頑張っている生徒さんたちのためにも、
どうか開催に漕ぎ着けられますように、
祈るばかりです。


2月11日、教室のミニコンサートでした。
第一部 ソロ演奏、第二部 ミュージックベル演奏、第三部 自由演目
の3部構成で行い、小学生の生徒さんには、司会 くじ引きなどのお手伝いをお願いしました。
おかげさまで、ご父兄の皆様のご協力もあって、暖かい雰囲気で終えることができたと思います。
ありがとうございました。

このミニコンサートは、夏の発表会と違い、何ヶ月も前から難しい曲に挑戦するわけではなく、
日ごろ勉強している教本のなかから、発表できるものを1か月ほど前に決定して暗譜まで仕上げていくのですが、
生徒の皆さん短い期間でよく集中して出来たと思います。

舞台で弾く経験の積み重ねが、自信につながっていくのだと思います。



さて、第三部自由演目が終わったあと、
ポピュラーピアノアレンジのご紹介も兼ねて、もう1曲弾きましたので、お聴きください。
シンプルなアレンジに仕上げました。

「pretender 」Official髭男dism

https://youtu.be/WTQjNC8neZM



来年の発表会

ここ数年、夏のサマーコンサートをプラザノースでおこなっていますが、
ここのホールはとても人気があって、予約をとるのが大変❗️
先日、来年度の抽選があって出かけてきましたが、やはりハズレ
めげずに来月も抽選会に出かける予定でいました。

でも、なんとなんとキャンセルが出たんですね!
2020年は 7月24日におこなうことが決定しました。

あっという間の1年。またワクワクしながら準備していきたいと思います。


昨日、サマーコンサートが終了しました。
朝10時からリハーサルがはじまり、第2部終了が18時過ぎ。
毎年のことですが、始まると振り返る間も無く、
バタバタしているうちに集合写真を撮る場面になるという、あっというまの一日でした。

私たち大人は、緊張すると普段の半分くらいの力しかだせないで終わってしまうことも多いのですが、
子供は、良い緊張のもと、集中力がアップして
本番が一番いいという結果になることがあるんだなぁと、改めて思いました。
きのうはそういう生徒さんが何人かいて、感激でした。

うまく演奏できた人、できなかった人、それぞれだと思います。
でもこれがゴール地点ではないので、みんな、良い経験がつめたと思います。
次に向かって、また歩きはじめましょう!

 | ホーム |  前のページ»»