FC2ブログ

合唱伴奏

先日、中学3年生の生徒が、卒業式に歌う曲の伴奏を弾くかもしれない、ということで
その曲の楽譜を持ってきました。
とりあえず弾いてもらうと、最後まで正しい音で弾けていました。
小学5年生からピアノを始めた子ですが、
一人で楽譜を読み、ペダルをつけ、しっかり曲の雰囲気もつかんでいました。
楽譜が読めるようになるには、多くの曲に向かい数をこなしていくしかありません。
でも焦らず簡単なものから弾けた喜びを重ねていくと、
いつのまにか両手で楽譜を読んでいくことができます。
知らず知らずのうちに、いろんな曲を弾けるようになっていきます。

今年は2月にミニコンサート、7月に発表会をおこなう予定です。
ミニコンサートについては、ピアノの演奏に加えて出演者を2グループにわけてミュージックベル演奏を行います。
昨年のうちに生徒のみなさんには楽譜を渡し、練習に入っています。曲はベル用に私がアレンジした楽譜ですが、
ちょっとこれが難しい ピアノ伴奏も生徒さんにお願いしています。
何しろ全員練習が本番の日ということになるので、どうなることか
さあ、レッスンは5日から始まります。
またみんなの顔を見るのが楽しみです。
11月に入り、いろいろなお店もクリスマスバージョンになってきました。
私のところでも、クリスマスツリーをだしました。お庭も少し飾ってみました。

下記の時間で生徒募集をしています。ご希望のかたがいらっしゃいましたら、お電話かメールでお問い合わせください。

火曜日 15:45~
木曜日 15:45~
土曜日 14:15~

大人の方で、日時フリー制希望のかたもお気軽にお問い合わせください。

毎年2月ころに、私の教室の生徒さんだけのミニコンサートを行なっています。
夏におこなう発表会と違うところは、普段レッスンで弾いたものの中から、曲を決めるところです。
でも、出来たら暗譜で弾いてもらいたいと思っています。
目的は、多くの人の前で演奏することに慣れること。もちろん、演奏自体上手く弾ければ素晴らしいのですが、
このミニコンサートは、失敗を恐れず気軽に参加してもらいたいですね。
ホールの抽選もなかなか難しく、迷いましたが、
来年、2月11日に決定しました。
今年も、何名か12月にptnaのステップを受ける生徒さんがいます。曲も決まり、練習を始めています。
私の教室では、2月にもミニコンサートを予定しているので、夏の発表会を含め、多くの人の前で弾く機会が年に3回あるということになります。
もちろん、希望者という形をとっていますので出る出ないは自由です。
多くの人の前で演奏するというのは、私も緊張しますが、
これはある程度、慣れの部分があると思います。子供の1年は案外長いもの。
なるべく多くの経験を積んでいくことにより、緊張の度合いも違ってきます。
毎回パーフェクトの演奏をしなくても、また次の機会に頑張ればいいんです。
そして目標を持って練習する過程が大事なんだと思います。

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»